Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

深蒸し掛川茶が市内小中学校など85か所へ贈呈されました

login
産地の情報・催しもの

ご紹介

深蒸し掛川茶が市内小中学校など85か所へ贈呈されました
掛川市役所で6月12日、掛川茶贈呈式が行われ、掛川茶振興協会(松井三郎会長)から
深蒸し掛川茶1,320キロが、
市内の保育園、幼稚園、こども園、小中高等学校及び社会福祉施設等、合計85ヶ所に贈呈されました。

この事業は40年前から毎年行われており、子どもたちがお茶を飲んで心身共に健康に生活できるよう願いを込めて贈られました。
松井会長は「香りや味を楽しんでいただくとともに、掛川茶のすばらしさを学び、さまざまな場所でPRしてほしい」と話しました。

掛川の子どもたちは、毎日掛川茶を飲んで成長していきます。まさに、「お茶のまち」ならではの取り組みです。


投稿日:2020年06月12日 (金)

コメント0

この記事へのコメント

この記事へのコメントを投稿する

お名前
Eメールアドレス
コメント
 

右に表示されている文字を入力してください。

※コメントは承認制のため、投稿をしてもすぐには反映されない場合があります。ご了承ください。

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。